矯正歯科で歯列矯正するなら費用のことについて考えるべし

歯並びや噛み合わせで悩んでいるなら矯正治療を受けよう

歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目が悪くなるだけでなく身体にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。身体への影響が深刻化しないうちに矯正歯科で治療を受けるべきです。なお、何も知識がないまま矯正治療を受けようとするのは危険です。ある程度の知識をつける必要があります。

矯正治療を受けるうえで頭に入れておくべきこと

歯医者

信頼できる歯医者どうか見極めよう

矯正治療をするにあたり、気になるのが治療費でしょう。なるべく治療費を抑えるべく、安いところで治療を受けたいと思う方は少なからずいらっしゃると思いますが、安さだけで歯医者を選んでしまうと、時間をかけて診察をしてもらえず思うような治療をしてもらえない可能性があります。費用の面だけでなく、本当に信頼できるかどうか判断するのが大切です。

納得のいくまで相談しよう

矯正治療を受ける前に、必ず治療プランについて歯医者側から説明があります。不安や疑問を残したまま治療を受けてしまうと、「仕上がりがイメージと違ってた」ということになりかねません。自分の歯とは一生付き合うことになりますので、説明の内容で分からないところがあれば、納得のいくまで質問をしましょう。

他の歯医者の意見も聞いてみよう

始めに行った矯正歯科が必ずしも信頼できるところとは限りません。もし、歯医者からの説明に納得がいかず質問をしても、不安や疑問が払拭しないのであればセカンドオピニオンをしましょう。もしかするとより良い、治療プランの提示をしてくれる可能性があります。

矯正歯科で治療を受ける際に考えるべきこと

ウーマン

矯正歯科での治療費は高額

矯正治療はほとんどの場合が自由診療となるため、保険が適用されません。そのため、全額自己負担となるため、治療費が高くなります。また、自由診療であるが故に歯科医院によって治療費が異なっており、大体の相場が100万円前後となります。なお、顎変形症や一部の先天異常の場合は、保険適用の対象です。

口元

治療費を分割払いで出来ることも

先述の通り、矯正治療には多額のお金が必要となります。そのため、一括で支払うことが難しい方もいらっしゃることでしょう。そんな時は、デンタルローンやクレジットカードなどで分割払いができないか確認してみましょう。なお、分割払いにも様々な種類がありますので、自身の経済状況を把握したうえで、どの方法を利用するのか検討してください。

歯型

矯正治療は医療費控除が可能

大人が矯正治療をする場合、咀嚼障害や発音障害の改善が目的としているケースであれば、医療費控除を受けることが可能です。治療費をなるべく抑えるためにも、忘れずに申告するようにしましょう。なお、申告し忘れたとしても、治療を受けて5年以内であれば、申告ができます。

[PR]
茅ヶ崎で好評な歯医者さん
お口の悩みを一度相談しよう♪

[PR]
守口市にある歯医者さんを紹介
安全性の高い治療を実施してくれる

松戸でインプラント治療が受けれる

広告募集中